>  > 慌てていたけど神対応

慌てていたけど神対応

かなり慌てていたのは、風俗店から言われた時間に間に合わなくなるかもしれなかったからです。予約した時間に間に合わない。これは恥ずかしいじゃないですか。特に風俗の場合、予約に間に合わない場合結構シビアに次の人に回っちゃったりするじゃないですか。それだけは避けたいなと。だからお店まで猛ダッシュしました。そして何とか間に合いました。まだプレイが始まっていないのに汗ばんでいたんです。お店の人もさすがに苦笑いしていましたよね(笑)でもいいんです。とりあえず間に合ったんです。これであれこれ言われることもないだろうと思いつつ、日ごろの運動不足のおかげでなかなか息が収まらないんです。そんな姿を見かねた相手の風俗嬢のPちゃんがこちらに対してす少し猶予をくれたんですよ。まさに神対応。こんなことまでしてくれるなんて、彼女を指名してよかったなと。お礼に彼女のお口に一週間分貯めた濃いものを発射させてもらいましたけどね。

最終的に選んだのはデリヘル

風俗は何をもって得をするのかって考えるのが難しい世界じゃないですか。だから自分は理屈で決めるんじゃなく、満足出来るかどうかって点だけを考えるようにしていますね。あまりあれこれ考えると女の子に対してどうしてもいろんな感情が芽生えてしまうと思うんですよ。それは自分も勿体ないような気がするんですよね。だからあまり理屈で考えるのではなく、本能で楽しめれば良いかなって思っています。そもそも風俗が男の本能を満たすものなんです。そこに理屈や言葉はいらないんじゃないかなって思って楽しむようにしていますね。実際その方が自分としても気楽に楽しめるじゃないですか。あれこれ考えて風俗を利用するのも悪くはないと思うんです。でもそうじゃなくて、時には流れに身を任せるというか、あまりあれこれ考えず、自分の思うがままに風俗を利用するってスタンスでも全然いいんじゃないかなって思いますよね。実際、自分はそんなスタンスで楽しんでいます。

[ 2015-05-25 ]

カテゴリ: 風俗体験談

フリーエリア

カテゴリー

月別アーカイブ